三元豚より四元豚

日米のノウハウを結集して生まれた味わい

日本で多く流通している豚肉「三元豚(さんげんとん)」は、国産、輸入を問わず「大ヨークシャー」「ランドレース」「デュロック」という3品種の掛け合わせが一般的で、当社も1994年に提携した米国のスミスフィールド社を通じて扱ってきました。今回この三元豚に、日本にはほとんど存在しない「チェスターホワイト種」を加え4品種を掛け合わせたのが「四元豚シルキーポーク」です。(※畜種については交配図参照) 4品種を掛け合わせることで、美しい桜色とやわらかい肉質が実現。サシと言われる霜降りが特徴で、臭みもしつこさもなく、脂が軟らかくて優しい甘みのある良質な豚肉が出来上がりました。

また、掛け合わせた各品種と肉質の相関関係を分析し、肉質の向上につながる血統を持つ個体を継続的に選抜しています。さらに、開発にあたり日本人が好む豚肉について消費者調査を実施し、甘みのある脂・肉質が最も好まれる要素の一つであるという結果を得ました。
国産銘柄豚をも凌ぐ品質を実現したのは、日米両国の担当者のこだわりでした。当社は日本人が好む甘みのある脂・肉質に注目。日本の研究機関の協力を得て、甘みのある脂・肉質を実現するためのアミノ酸バランスを調整した特別配合飼料を開発しました。

当社の指定農場である「ゴールズボロ農場」は、豚を健康に育てることをポリシーとした経営で知られています。同農場の経営者IVEY兄弟と共同で、一般的には成長段階に応じて3~4種類の飼料を与えるのに対して、12種類の異なる配合の飼料を使用する方法を採用。日米の共同研究によって、より繊細な飼育の独自技術を生み出しました。

他に類のない、日本人が好む脂の甘みと肉の軟らかさは、こうしたこだわりと卓越した技術によって実現したのです。

最先端の技術で開発されたブランド豚である四元豚